葬儀をする際に掛かるお金

葬儀会社のスタッフと相談する

複数のプランがあり、それによって金額が変わります。
多くの人が選択しているのは、200万円ぐらいのプランになります。
それが相場になりますね。
普通の葬儀を行う場合は、最低でもそのぐらいの金額が発生すると思ってください。
しかし参列者が多くなる場合は、葬儀会場も広いところを確保しなければいけません。

規模が大きくなるので、200万円以上になることが考えられます。
もっと規模が大きい葬儀になると、250万円から300万円ほどになります。
どんな人が葬儀に参列するのか考えると、規模が決まるでしょう。
参列者が少ないのに大きな会場を確保すると、無駄な費用が増えてしまいます。
参列者の人数に合わせた会場を選択してください。

生前によく聴いていた曲

葬儀中に、故人が好きだった曲を流す方法最近は流行っています。
明るい曲でも、故人が好きだった曲なら喜んでくれるでしょう。
みんなが暗い顔をするより、笑ったり明るい表情をしたりする方が、故人も安心して眠れるかもしれません。
またこれまでは仏壇に備えるものは、お菓子やフルーツと決まっていました。

しかし他にも故人が大好きだった食べ物があった場合は、それを備えても良いと思います。
このように最近は、故人の遺志を尊重する葬儀が主流になっています。
形式こだわらず、個性を発揮できる葬儀を目指してください。
葬儀中に流したい曲や、特別に備えたいものがあれば事前に葬儀会社に相談してください。
勝手に曲を流したりしてはいけません。


この記事をシェアする