家族葬という方法がある

費用を安くする方法

通常の葬儀は200万円ほどが必要になりますが、急にまとまったお金を用意するのは難しいと思います。
葬儀の費用を削減するためには、規模を小さくしてください。
家族葬になれば参列者は自分たち親族以外いなくなるので、かなり費用を安くすることができます。
100万円ほどで済むので、予算が少ない人でも安心できるでしょおう。

規模が小さい葬儀になっても、心が込められていれば故人は安らかに眠ることができます。
豪華な葬儀にできないことを悔やんだり、申し訳ないと思ったりしないでください。
葬儀のプランが決まったら、すぐ準備に取り掛かりましょう。
しかし家族葬は準備することも少ないので、遺族の負担を削減できる面もメリットです。

故人とゆっくりお別れする

親戚以外は参加しないので、遺族の精神的な負担やストレスも削減できると思います。
また参列者をもてなす必要がないので、故人とのお別れの時間に使えます。
一般的な葬儀は、遺族は葬儀に来てくれた参列者をもてなす側になります。
参列者が多ければ多いほど忙しいので、なかなかお別れの時間がないかもしれません。
慌ただしく葬儀が終わって、後からもっときちんとお別れしたかったと後悔することになります。

葬儀は、1回しかできません。
後悔しないように、お別れしやすい家族葬を選択しても良いと思います。
今は家族葬を選択する人も増えているので、葬儀会社でもプランを用意しています。
どのような段取りで葬儀が進んでいくのか、具体的にきいてください。


この記事をシェアする