周囲に伝えなければいけない

よくプラン内容を聞いて判断する

どれにすれば良いのか迷ったら葬儀会社のスタッフから、それぞれのプラン内容やメリットを聞いてください。
すると最も良いプランを、早く決められると思います。
早く決めないと、参列者に連絡するのが遅れてしまいます。
故人と生前親しくしていた友人や、仕事の付き合いがあった人は参列するでしょう。
しかし向こうにも、仕事の都合があります。

明日葬儀をするから来てくださいと言っても、急に言われるとスケジュール調整できなくなってしまいます。
時間に余裕を持って、伝えることを意識してください。
無理にスケジュール調整してもらうことは、相手に迷惑なので控えてください。
早めに伝えれば忙しい人でも休みを確保して、葬儀に来てくれるはずです。

トラブルが起こらないように

家族葬にする場合も、そのことを周囲に伝えておきましょう。
自分も参列したいと言う人がいるかもしれませんが、親族だけでゆっくり故人とお別れしたいという気持ちを伝えれば、わかってくれると思います。
また親族といっても、生前あまり関わっていない人は呼ばなくても大丈夫です。
逆に家族ぐるみの付き合いをしていた友人は、家族葬に参列してもらってください。

故人が生前どんな人と親しくしていたのか、把握することが大事です。
近所の人にも、家族葬をすることを伝えておきましょう。
町内の人全員に言う必要はありませんが、両隣と向かいの住民ぐらいには伝えてください。
連絡が遅れると、関係性が悪化する原因になるので気をつけてください。


この記事をシェアする